引越しの挨拶で喜ばれる粗品といらない粗品はこんな物

新居の周辺に住む方々への挨拶回りには手ぶらで伺うわけにはいきません。

 

挨拶に向かう際に持って行くべき粗品や予算について相場が分からないという方も少なくないでしょう。

 

そんな方に向け、挨拶の際に喜ばれる粗品、また嫌がられる粗品についてまとめて紹介します。

 

まずは予算ですが、一軒につき500円前後、多くても1,000円ほどを見ておけば充分です。

 

全く価値の無い粗品を手渡すことは論外ですが、その一方であまりにも高価な物を選ぶと恐縮させてしまうため、挨拶回りには適していません。

 

粗品選びの基本としては「腐りやすい物、生もの」や「好みの分かれる物」を避けることです。

 

粗品として喜んでもらえるものはズバリ「生活必需品」や「消耗品」です。

 

様々な条件を満たし、予算内にも収まりやすいタオルは粗品の定番となっており、悪くはありませんがオリジナリティに欠けたアイテムとも言えます。

 

最近の流行となっているのはサランラップや洗剤などのキッチン用品です。

 

どんなご家庭でも必ず必要となる消耗品ですから、こういった品物を受け取って迷惑に感じる人はまずいないでしょう。

 

また、日用品としてゴミ袋を粗品とする例もありますが、粗品とはいわば贈り物ですから、もらう側は違和感を感じるのでお勧めできません。

 

その他、お菓子の詰め合わせも人気ではありますが、お菓子の場合には運んでいる途中で割れてしまうような繊細な品物は避けておいたほうが無難です。

 

食品としておすすめするのが「そば」です。

 

日本古来の風習になぞらえた品物でもありますし、乾麺であれば日持ちし、万人受けする食材でもあるため、引越しの挨拶には最適と言えます。

 

ただし、食品はアレルギーが出る方も居るため、この点を考慮した上で慎重に判断して下さい。

アレルギーの事を考えると食品全般と洗剤も候補から外れ、サランラップやタオルがお勧めになります。

 

最後に渡す際、挨拶に伺ったその日に留守にされているお宅があった場合には、一度持ち帰るのがベストです。

 

もし、ドアノブにかけるなどして置いて行く場合は、名前とメッセージを残すようにしましょう。